« 今日の日本代表選手カード | トップページ | 31節 山形 vs 湘南 »

2005年6月26日 (日)

みちのくダービー第2ラウンド

はえぬき 0 - 0 以前はカニ

所用のため後半より観戦。スタジアムに着くと、メインスタンドとゴール裏との間の連絡橋や、メインスタンドの裏の通路に黄色いのがうじゃうじゃ。スタジアムで合流する約束をしていたNさんはバックスタにいるとのことで、バックスタの山形サポ爆心地へ。しかしうろうろ探しているうちに後半が始まってしまい、結局発見できず、比較的席に余裕のある北ゴール裏で観戦することに。

試合は山形・仙台ともそれぞれ何度かチャンスを作り、ほぼ互角の展開。最大のピンチは右サイドにスペースができたところを仙台に突かれ、中央に渡ったところからのミドルシュートがバーを直撃し、そのまま真下に跳ね返ったところ。この場面は、仙台がバックラインでボールを回していて会場からもブーイングが出て、山形が前線からプレスを掛けに行ったところを、バックラインからのロングボール一本でスペースに通された。

山形の攻撃は、バックライン・ボランチ・サイドハーフ・トップ下で縦横にパスをまわして突破を図る形を目指していて、鈴木監督の哲学が伺えるサッカー。中央では永井のミドルシュート、左サイドからはSBのウッチ-が基点になってのセンタリング、ハヤトが入ってからは何度か右サイドからの突破でゴールを狙うなど、幅広い攻めが見られる。ただ、山形のサッカーで感じられるのは、フリーになった状態でのシュートが少ないということ。「決定力のなさ」について、鈴木監督は「シュートが下手だからです」とコメントしているらしく、そういうことなんだろうけれども、それと同時に、シュートに持っていくまでの動き、ディフェンスを振り切るような動きや、キーパーがコースを消すポジションに着く前にシュートを打つような動き・判断力が遅いために、ディフェンスのマークが厳しかったり、シュートコースを消されたりと、難しい状況でのシュートになっていて、なかなか決まらないのかなと。ところで、山形系の掲示板とか見るとなかなか勝ち点が上積みされない点に不満をもっているサポもいるようだが、勝ち点が伸びないのは強化資金がどれだけあって、どれほどの選手を獲得できるかというチームの総合力の反映であって、鈴木監督は選手の力を引き出す良い指導をしているように思える。

そんなこんなで試合は両チーム無得点のまま終了。2万人近く観客が入り、山形のサポも普段の試合以上に多くスタジアムに観戦に来たようで、得点は入らなかったけれども、攻守の切換えの早い試合を楽しめたのでは。それにしても、やはり観客が多いと雰囲気の盛り上がりがちがうなあ。

|

« 今日の日本代表選手カード | トップページ | 31節 山形 vs 湘南 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114564/4710173

この記事へのトラックバック一覧です: :

» トップ下 [サッカー事典]
トップ下トップ下(-した)は、サッカーのポジションの一つ。トップのすぐ後ろに位置し積極的に攻撃に加わる選手の事。1.5列目とも言われ、FWまたはMF扱い。イタリアではトレクァルティスタ(4分の3)と言われる。→フォーメーション現在のサッカー日本代表|日本代表においては、海外組を呼ぶ場合は中田英寿・中...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 21時46分

« 今日の日本代表選手カード | トップページ | 31節 山形 vs 湘南 »